そのままの君で -堀内佳応援サイト-
高知県在住のシンガーソングライター堀内佳さんを応援する公式サイトです。ご本人に了承を得ての取材や、コンサート・イベント情報などをお伝えしていきます!(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恒例のたたき工房一日店長♪

2007年11月27日。佳さんが恒例のたたき工房1日店長を勤めました。
RKCラジオでも、3回の生放送を通して、美味しいたたきの魅力を佳さんが伝えてくれました。美味しい旬のたたきが味わえるのを、いつも楽しみにしている佳さん。
高知の地元の人は、鰹のたたきはよく知っているから、その魅力を忘れがちだけど、もう一度見直して欲しい。県外の方に贈ると「いつも食べてるものと違う!こんなに美味しいたたきは初めて!」と、とっても喜ばれるので、お歳暮や贈り物にぜひ「たたき工房」を利用して欲しいですね!と、PRしていました。
たたき工房(ラジオ生放送)
ラジオの生放送の様子。
 
たたき工房(keiさんが試食)
佳さんが、新鮮な鰹のたたきとはらんぼジャーキー(酒盗味)を試食。うん!美味しい!感激の声が画像からも聞こえそうです(^^)
 
たたき工房(お客さんにインタビュー)
ラジオを聞いて、何人ものお客さんが訪れてくれました。中には、遠方から来られた方も・・・、佳さんのインタビューに緊張気味に答えています。
 
たたき工房(地酒をバックに)
たたき工房には、土佐の地酒も豊富に取り揃えられています。そして目玉は宇宙酒!「佳さん、飲んでみますか?」という、久万部長さんのお言葉に、さっそく試飲♪すっきりと飲みやすく、まろやかな口当たりに佳さんも大感激!
 
たたき工房(keiさんが試飲した宇宙酒)
佳さんが試飲した「土佐宇宙酒」はこちら。皆さんもぜひ、試してみてくださいね(^^)
 
たたき工房(即興の歌を披露)
はらんぼジャーキーをおつまみに、美味しい宇宙酒をいただいて、すっかりたたき工房の魅力を堪能した佳さんが、今の気持ちを即興の歌で表現してくれました。
 
たたき工房(美味しいたたきの画像)
たくさんのお葱と生のにんにくスライスがたっぷり乗った、特性のポン酢ダレでいただく新鮮なたたきの画像をどうぞ♪ほら、皆さん。食べたくなったでしょう!?まずは一度、お店に訪れてみてください。お土産物も充実しています。海洋深層水を使った塩味の海のバニラアイスもおススメです♪
大切な人に、お歳暮に、ぜひ送ってあげてください。
「たたき工房」のホームページはこちらです。
<問合せ・注文先>
中央物産株式会社〒780-0811 高知県高知市弘化台19-24
電話:088-882-3043 FAX:088-882-7084 受付:10:00~8:30
 


スポンサーサイト

テーマ:堀内佳 - ジャンル:音楽

高知城でのコンサート

花・人・土佐であい博のプレイベントとしての「土佐のキャンドルナイト」が2007年11月17日~25日まで、高知城とお城下を舞台に開催されています。その中で、11月22日(木)に本丸御殿を舞台にして佳さんのコンサートがありました。
高知城ライブ(ライトアップされたお城)
本丸御殿での演奏会に誘うように、たくさんのキャンドルが追手門前から城内の長い石段へと続き、暖かく迎え入れてくれます。
 
高知城ライブ(お城と上弦の月)
空には薄雲に包まれた上弦の月が美しく、明るく輝いています。まるでこのコンサートの成功を見守ってくれているようです。
 
この日は上着を着込んでいないと肌に染みてくるような寒さ。今日、この場所で佳さんのコンサートがあることを知らない人も多くて、本当に人が集まるのかなぁと思っていましたが、そんな心配をよそに開演時間が近づくにつれて、続々と人が集まってきました。
高知城ライブ(会場全体1)
地元の方、県外から観光で来られた方、仕事帰りに佳さんのコンサートのために駆けつけてくれた方も、偶然通りかかってラジオでしか知らなかった佳さんの歌を初めて聴けると喜んでくださった方も、以前に学校のコンサートで佳さんの歌を聴いたと再会を楽しみにしてくれていた小学生も・・・気がつけば、広間はたくさんの人で埋め尽くされていました。
高知城(会場全体2)

 
そして、コンサートが始まりました。
高知城ライブ(正殿の間をステージに歌うkeiさん)
正殿の間をステージに歌う佳さん。
「出会いっていうのは、いつもすれ違いに終わらせたくない、宝物だと思っていて、だからこうして今日皆さんと出会えた事も”コンサート観たよ”というんじゃなくて”出会えたよ”と思ってもらえたらすごく嬉しいです。」
この場でしか感じられない暖かさと緊張感の中、集まってくださった皆さんとの一期一会の出会いに感謝しながら、1回30分のステージに想いを込めます。
 
築城400年を越える高知城の歴史を感じながら、遠い時代に想いを馳せます。
「この場所に居ると、昔の江戸時代の武士達の声が聞こえそうな気がしますね。
昔、この場所で本当に時代劇で見るような政(まつりごと)が行われてたんだなぁと思いながらこの風景を感じたり、当時の木がそのまま残ってるということは、その当時の人々の息遣いや汗を全部知ってる木が周りにあるんだと思うと、感慨もひとしおですね。」
 
高知城ライブ(歌うkeiさん)
そんな気持ちを即興で歌に込めて、佳さんが伝えてくれました。
 
キャンドルの光が 願いを照らす
この城の中で 夜のひと時を 空気を
一緒に感じながら
ここで出会えたのは 偶然じゃない
人々の気が 波動が
響きあい 重なって 揺らめいて
素敵なメロディー奏でるよう
だからこれからも 忘れないで
ここで出会ったこの夜を
キャンドルの中の高知城を
ここで出会えたことを

 
時間の経過とともに寒さが増していく空気の中、皆さんの暖かい拍手が響きます。
「本当に今日ここに来てよかった。」
「佳さんの歌、もっと聴きたいね。」
この日の出会いを喜んでくださった皆さんに、きっと佳さんも感謝していることでしょう(^^)
 
高知城ライブ(keiさんの後ろ姿から会場の様子)
こんなに素敵な歴史ある空間に佳さんの歌声が響くコンサートを、またいつか開催したいですね。
寒い中、集まってくださった皆さん。イベント関係者の皆さん。
素敵な夜を、ありがとうございました(^^)
 
◆高知城の公式ホームページはこちらです。
 
 

土佐のキャンドルナイトで、お殿様!?

皆さん♪明日のkeiさん出演のイベントのご紹介です!
11月22日にkeiさんがなんとお殿様になる!
・・・じゃなくて、高知城本丸御殿で歌う!イベントがあります。
めったにないシチュエーションでのkeiさんの歌声を
ぜひ生で聴きに行きましょう!! (^^)
※以下、ユニゾンのテルさんからいただいた紹介文を引用。
テルさん、ありがとうm(__)m

 
~花・人・土佐 であい博2008~
そのプレイベントのひとつとして、今回、高知市のシンボルである
高知城を中心に、中央商店街もタイアップした「アカリ」の祭典、
「土佐のキャンドルナイト」が11月17日(土)~25日(日)の9日間行われます。

イベント内容は、高知城とお城下をキャンドルアップします。
(高知城では本丸へ上がっていく石階段の両サイドや、
丸の内緑地などに、キャンドルが灯ります)追手筋でも、
同じくキャンドルアップ、また商店街などでは、
キャンドルアートの展示、ストリートダンス、よさこい鳴子踊り、
帯屋町公園ミニコンサートなど、各種イベントが多数、行われます。
 
そのなかで高知城では、二の丸(17日と18日)と本丸(19日~25日)
にて、それぞれコンサートや演奏会が行われます。
●堀内佳出演は、22日(木)です!
19時からと20時からの2回、30分ずつライブが行われます。

場所は、高知城 本丸御殿にて。
「高知城 本丸御殿 演奏会~館内に鳴り響く美しい音色を堪能~」
天守閣へ登っていく前の広間(本丸御殿)にある畳に皆さんが座りながら、
そこからライトアップされた城下も見下ろしつつライブが楽しめます。
ちなみにkeiさんは、藩主が対面する一段高くなった正殿上段の間を
バックにして、イタづいて歌います。つまり、お殿様状態です♪
 
もしかしたら・・・、盲学校時代に寮でギターを弾きはじめた頃のように
畳の上に正座してギターを弾くkeiさんが・・・見られるかもしれません!(^^)
 
◆イベントの詳細は「花・人・土佐であい博」のホームページの中の「メインイベント」をご覧ください(^^)
お問い合わせは、「花・人・土佐 であい博 推進委員会」まで 
TEL:088-823-9043
※当日は、ちょっと寒いかもしれませんので上着を用意してご来場くださいね。
入館料400円が必要ですが、普段は夕方5時で閉館なので、期間中は「夜のお城」も堪能できる良い機会です。
 
皆さん。明日の夜は高知城でのキャンドルナイトを楽しみませんか?(^^)

  

テーマ:堀内佳 - ジャンル:音楽

神山町での人権コンサート

2007年11月16日。徳島県名西郡神山町にて「堀内佳さんと語ろう」と題して、人権コンサートが開かれました。広いホールのある会場には、神山中学校と神山東中学校の生徒さん、そして保護者や地域の皆さんが集まってくださいました。
今回のコンサートは、十数年前に前任校で佳さんのコンサートを聴かれた神山中学校の教頭先生の”ぜひ、神山の生徒達にも佳さんの歌を聴かせたい”という思いで実現しました。
神山では過去に6回ほどコンサートに来ているという佳さんは「神山は大好きな町。久しぶりに来れて感激してます。」と、会場に語りかけます。ステージ上で歌う佳さんのバックには、自然を生かした芸術も盛んな、神山で作られた草木染めの幕が飾られていました。佳さんを歓迎してくださっている地元の皆さんの想いが感じられます。
山間の緑に囲まれた神山の町は、静かで情緒のある風景。そんな神山に住む人たちも、奥ゆかしく物静かな性格の人が多いようです。佳さんの言葉ひとつひとつを、静かに受け止めて聴き入ってくださっています。
神山人権コンサート(会場全体)

僕の歌には、景色や風景、色が出てくる歌詞が多いんです。
全く目が見えない僕の”心の目”に見えた風景を、皆さんも感じてみてください。

 
1曲目に「夢キラキラ」を歌ったあと、
「どうかな?みんなには星が見えたかな?」
そう問いかけた佳さんに、会場の反応は静かです。
生徒の皆さんには、まだ少し緊張があるようです(^^)
 
神山人権コンサート(草木染めの幕をバックに歌うkeiさん)
そんな生徒さんたちの心の温度をゆっくり暖めていくように、自己紹介や両親とのエピソードを、分かりやすい言葉で語りかけていきます。厳しかったお父さんの言葉を伝えながら、ひとりひとりの心に届くようにとメッセージを込めているようです。
 
もうだめだって、自分で限界を決める前に
とにかく最後の力を振り絞って、足を前に一歩出してみる。
人間はどんなに疲れ果てていても、足を前にもう一歩出す力、
それくらいは誰でも残っているんです
そうしたら、さっきは見えなかった希望の光が遠くに見えてくるかもしれない。
それでも見えなかったら、今度はもう一回最後の力を振り絞って
反対側の足を前に一歩踏み出してみる
ギリギリのところで、最後の力を振り絞って踏み出す一歩一歩
人生ってそれくらいキツイ部分があるんだよ
だけど、それが出来て希望の光が見えた時
その喜びってすごいんだぞって・・・
それを言葉でなく、体で教えようとした
この親父の教えは大きかったです
 
目が見えないから出来ない、無理だと思われるようなことも、
最初から諦めずにとりあえずやってみたら意外と出来るんですよ
例えばバッティングセンターに行ったら、6,7球はバットに当たるんです
うまく出来なくても、そんな経験を全く知らないのと、
少しでも知っているのとでは大きな違いだよね
これはぜひみんなにも忘れずに心のどこかに持っていて欲しいです
 
神山人権コンサート(膝の上にギターを置いて語るkeiさん)
そして、「しあわせ色の風景」「回想 -円行寺口駅にて-」「こがらし色の片想い」を歌いながら、佳さんが今の皆さんと同じ中学時代にギターを始めたルーツを話していきます。共感する部分が多い話題に、思わず声を出して笑ったり、少しずつ問いかけに応えてくれたりと会場から素直な反応が返ってきます。
 
僕のギターの持ち方は、他の人と違うけど
でも、おかしくないでしょ?それは、どうしてだと思う?
理由があるとすれば「一生懸命やっているから」じゃないかな。
多くの人がどうやっているかじゃなくて、俺の生き方はこれだ!と、
自信を持って自分が信じた道をやっていれば、そんなにかっこ悪く見えないはず
本当に一生懸命やることがかっこ良いなら、それは誰にも出来るから
みんなも自分が信じた道を生きていってね。
 
楽しい語りのところどころに、祈りにも似たkeiさんのメッセージが織り交ぜられていて、最初は緊張気味だった生徒さんとkeiさんとの心の距離が少しずつ近くなっていくのが感じられます。ひとりひとりが今の環境や悩みに当てはめて考えて、佳さんの生き方から前に進む勇気を持てたなら嬉しいですね。
 
本当に自分のことを認めて、好きになってあげてね。みんなに波動に乗せて、気に乗せて伝えるから、受け止めてね!
「徳弘のおじいちゃん」から「そのままの君で」を歌って、「二匹の犬」へ。佳さんの気持ちに応えて波動の波を送り返してくれるかのように、会場にいる皆さんの気持ちがまっすぐに佳さんに向かっているのを感じて、感極まってしまう佳さん。
会場からもすすり泣く声や目頭を押さえる生徒さんの姿が見えます。
こんな素直でまっすぐな心を持った生徒たちだからこそ、どうか幸せに健やかに生きていってほしい。「さくら」を歌いながら、みんな自分の家族がこんなふうに思ってくれているって、間違いないから・・・自分の名前に置き換えて聴いてみてね。そう強く伝え、佳さんの祈るような気持ちもさらに高まります。
 
「一番近いあなたへ」「輝け虹色丸」を歌って、コンサートも終盤に近づいた時間。佳さんが今日のコンサートの感想を話しました。
 
最初はみんな、質問をいっぱいしたけど答えれんかったよね
照れくさくて、恥ずかしくて、大きな声出せんかったよね
でも僕が歌ったあとに拍手をしてくれた、
おかしいことを言ったら笑ってくれたよね
中には、男の子で勇気を持って答えてくれた子がおったよね
そんなみんなとの心の会話・・・
今日のコンサートは「堀内佳さんと語ろう」という事だったけど
本当にみんなと語り合えたコンサートだったと思う
本当にやっぱり神山は大好きだし、みんなの前で歌えて嬉しかったし、
改めてここでお礼を言わせてね。本当に幸せでした!
 
この時期は毎年、県内外各所でのコンサートに飛び回っている佳さんですが、学校関係でのコンサートが連日続いても、ひとつとして同じコンサートはないと断言できます。その場所でしか出来ない、そこにしかない出会いの中で、心の目線を合わせながら歌を通して今の時代の子供たちが必要としている大切なメッセージを伝えてくれる。そして最後には心がひとつになり、聴く人の胸に感動を残していく・・・。
他の誰にも真似できない、佳さんの魅力がそこにあると、強く感じます。

 
神山人権コンサート(生徒代表からのお礼の言葉)
生徒代表の女の子から佳さんへの、お礼の言葉です。
「今日は素晴らしいコンサートをありがとうございました!堀内さんの歌を聴いて、改めて命の大切さや前向きに生きる事の素晴らしさを知りました。堀内さんの歌から勇気ももらいました。私たちはこれからも自分の事を好きになれるよう、前向きに生きて生きたいと思います。今日は本当にありがとうございました!」
 
神山人権コンサート(生徒と握手するkeiさん)
コンサートが終わって、生徒さんが一人ずつ佳さんに握手を求めてきます。ひとりひとりに「ありがとう」と声をかけながら笑顔で見送るkeiさん。
生徒さんからも「ありがとうございました」「楽しかったです」と声をかけてくださる中、一人の男の子が「イメージしながら聴きました!」と言ってくれました。
コンサートの最初に、佳さんが心の目で感じた風景をイメージしながら聴いてね、と言った言葉をちゃんと覚えていてくれたんですね。
本当に暖かい心のキャッチボールが感じ取れる、素敵なコンサートでした(^^)
 
主催の神山町教育委員会、教員の皆さん、そして生徒の皆さん、地域の皆さん。この日の出会いを本当にありがとうございました!
 
 
・・・そして、コンサート終了後に、佳さんが昔から大好きな場所だと言っていた「松葉庵」に取材に行ってきましたのでご紹介します♪
 
松葉庵(外観)
お店の外観はこんな雰囲気。国道沿いで分かりやすい場所にあります。知る人ぞ知る名店「松葉庵」のホームページはこちらです(^^)
 
松葉庵(人気のカレー)
コーヒーと同じくらい美味しいと人気のカレーをいただきました。じっくり煮込んだビーフシチューのような、まろやかで深みのある味に大満足です♪
 
松葉庵(松葉ブレンドのコーヒーと手作りケーキ)
そしておススメの「松葉ブレンド」のコーヒーをいただきました。いい香り!ほどよい苦味とコクのある味わいが飲みやすかったです。しっかり手作りのフルーツケーキもいただきました。横に添えられたあっさりバニラアイスにブランデーを少したらして香りづけしているのが、またよく合います。とっても美味しかったです(^^)♪
 
松葉庵(店内の様子)
keiさんが初めて訪れた10年前ごろから変わっていないという、店内の様子です。どこか懐かしい、暖かい雰囲気です。そうそう、佳さんが知らない変わったことといえば無線LANを整備して、ネットが出来る環境が出来たそうです。佳さん、今度近くに来られた時は「つぶやき日記」の更新はぜひこちらで!(^^)
 
松葉庵(店主の笑顔)
最後に、店主のやさしいスマイルをどうぞ♪今回も神山で佳さんのコンサートがあると聞いていて、ぜひ行きたかったけれどお店があるので行けなくて残念だったと話してくださいました。
またぜひ近くに来たらお店に寄ってくださいと、佳さんへのメッセージをいただきました。
皆さんもぜひ、佳さんのお気に入りのコーヒーを味わいに・・・足を運んでみてくださいね。
とっても美味しい時間をありがとうございました!
 

魂を込めて・・・伝えたい。

いつもこの応援サイトを見てくださっている皆さん。ありがとうございます(^^)
珍しく、ブログ管理者としての書き込みです。
 
昨年の3月から開設したこの応援サイトは、遠方にお住まいでなかなかkeiさんのコンサートを聴けなかったり、関係者以外参加できないコンサートも多いので、keiさんファンの皆さんに少しでもその様子をお伝えできたら、そしてkeiさんご本人が伝える以外にも、第三者の目線でコンサートの様子や感想を伝える場があったら、またラジオの収録やCM作成の様子など、日頃は見られない仕事の一面をお伝えできたら、たくさんの人により深く、幅広いkeiさんの魅力を知っていただけるんじゃないか、という思いで開設しました。
そして、この応援サイトを見て「堀内佳さんってこんな人なんだ。ぜひ、うちの地域にもコンサートに来てもらおう!」と思っていただけたら、こんなに嬉しい事はない!!という願いも込もっています。
 
歌う場所によって、そこに集う人によって、その場の空気によって伝え方が変わっていく”進化する”コンサートは、keiさんの魅力ですが、最近は特に、大切な強いメッセージが込められているように感じられて、
これを皆さんに伝えないわけにはいかない。
ひとりでもたくさんの人にkeiさんの歌を
ライブ(生)で聴いてそのメッセージを感じて欲しい。
keiさんの歌で、輝く子供たちの笑顔を、救われる命をもっと増やしたい。

 
そんな思いで、魂を込めて・・・ライブレポートをつくっています。
実際、ひとつの記事の作成にはものすごくパワーを消耗します。
それでも、これからも伝え続けていきたいと思っています。
keiさんが、出会えるたくさんの人々に向けて、
心を込めて、愛を込めて、命を懸けて歌い続ける限り・・・。
 
どうかそんな真剣な思いを、皆さんの心で受け止めていただけますように。
これからも、このサイトを見てくださっている皆さんと一緒に、keiさんの活動を応援していきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。
 
さっそく、11月10日の愛媛でのコンサートと、翌11日の徳島でのコンサートに取材に行かせていただいて、レポートをアップしましたので、ぜひご覧ください(^^)
 

切久保小学校でのコンサート。

2007年11月11日。徳島県美馬市にある切久保小学校にて、佳さんの「ふれあいコンサート」が開かれました。
切久保小学校の全校生徒は8名。来年には休校が決定しています。「この山に住んでいる人数も150人くらいで、それもほとんど高齢者ばかりだからね。子供たちの数が少ないんですよ。」と、野村校長先生が説明してくれました。
野村校長は、佳さんとは阿南市の学校で出会ってから10年来のお付き合いということで、子供たちに最後に佳さんの歌を聴かせたいという思いで今回のコンサートを企画してくださいました。在校生のほかに、地域にお住まいの方々や中国からの研修生も集まってくれました。
前日の1500人に向けての愛媛でのコンサートとは対照的な、ひとりひとりの生徒と同じ目線で会話しながらの暖かいコンサートとなりました(^^)
切久保小(野村校長の挨拶)
野村校長が佳さんを紹介してくださる中で「佳さんは、私たちに見えていなものが見えるんですね。光を与えてくれるような、そんな人です。」と話してくださったのが印象的でした。
 
切久保小(生徒代表の挨拶)
そして生徒代表の四年生からの挨拶では、「いつも、輝け虹色丸を音楽の授業で歌っています。私は”みんな大切な命だから”という歌詞が一番好きです。ひとつしかない命なので、自分の命も周りの人の命も大切だからです。」と、言ってくれました。
佳さんの表情から自然と笑みがこぼれ、嬉しそうにその言葉を受け止めていました(^^)
 
切久保小(会場全体の様子)
「夢キラキラ」「幸せ色の風景」を歌って、佳さんが生徒の皆さんに語りかけます。
「みんな、目が見えないって大変やろうなぁ、しんどいやろうなぁって思うでしょう?それがねぇ・・・実はそうでもないんですよ!小さい頃からずっと目が見えない状態しか知らなかったから、これが当たり前だったんですよね。だから、どうやったら目が見えない状態で不便なく生きていけるかっていうことを、小さい頃からいろいろ工夫して生きてきたんですよ。だから、身の回りのことはたいてい自分で出来るんです。」
 
「みんな、音ってはね返ってくるって知ってる?音を出すと何かにぶつかって返って来るんですね。だからよーく聞いてると、電柱の形とか、車の形で音がはね返ってくるから、そこに何があるか分かるんです。ただ時々自分でできないことがある。そこだけちょっと補ってもらえれば、目が見えないということで、ぜんぜん特別なことはないんです。」
 
「みんな、分かる?目が見えない人は大変で、暗い生活を送っていて、かわいそうと思うのは・・・間違いなんですよね。ひょっとしたら、みんなより僕のほうが上手に出来ることがあるかもしれないよ。
あ!・・・ギターは僕のほうが上手かなぁ?歌も僕のほうが・・・下手だったらどうしよう~!(笑)」
 
「だから、かわいそうと思う必要は全然ないんですよ。もうみんなも高学年だから、こんな話をしても分かってもらえるよね。
ただ、なんか困ってる時には、友達が困ってる時に助けてあげるのと同じように”大丈夫ですか?何かお手伝いしましょうか?”って声をかけてあげたら、それだけで助かるんですよ。
友達や地域の中に障害を持ってる人がいても、特別な存在じゃない、当たり前に生きてるだけだからね。そこらへんを分わかってもらえたら嬉しいなぁと思います。」
 
佳さんの言葉はストレートで、そして暖かく、子供たちの心にまっすぐに染み込んでいくようでした。ひとつひとつ子供たちの理解を確かめながら、問いかけるように優しく話すkeiさんの姿は、目が見えないということがどんなことなのか、想像もつかない子供たちにとって、身近に感じられるような分かりやすい伝え方だったと感じました。きっと子供たちの心に深く刻まれたことでしょう(^^)
 
そして、来年の春には休校になり、別の学校に行ってしまう8人の生徒に向けて「校舎」を歌います。佳さんが盲学校時代に5歳から18歳まで勉強した、思い出の詰まった木造校舎が取り壊された時に、その建物が壊される現場で作った歌に、こんなメッセージを込めました。
「みんな、木の建物が壊される現場を見たことある?壊される音を聞いて”痛いよ~!やめてくれ~!”と悲鳴をあげているように聞こえて、とてもつらかった。新しいものが出来た時、古いものがなくなっていくのは仕方がないことだけど、今まで使っていた古いものへの感謝を忘れがちだよね。みんなはぜひ、この校舎で学んだ思い出や感謝の気持ちを持ち続けてね。」
  
切久保小(生徒のリコーダーと共演)
そして、子供たちが佳さんとの共演を楽しみにしていたリコーダー演奏を披露する時がやってきました。佳さんの両脇に並び、佳さんのギターと子供たちのリコーダーで「輝け虹色丸」を一緒に演奏しました。一生懸命練習してくれたのが伝わってくるような、素敵な演奏でした。「正直言って、こんなに上手いと思わんかったよ!」と、佳さんも感激です!
 
切久保小(生徒と虹色丸を歌うkeiさん)
その後は「輝け虹色丸」を会場に来られた皆さんと一緒に歌いました。お年寄りも歌詞を書いた紙をじぃっと見ながら、歌ってくれています。
 
「みんな同じ命。それぞれ違う個性を持っているけど、その違いを認め合えるようにね。そして自分の個性を大好きになってね。今、生きてることだけでも幸せ。生きてることって素敵やん。そんな風に今の自分を認めて、好きになってね!
素直で明るい、まっすぐな気持ちを持った切久保小学校の子供たちに、どうか幸せに健やかに育ってほしいと、佳さんの心からの願いを、最後の言葉に込めていました。
 
切久保小(花束を受け取るkeiさん)
生徒の代表からお礼の花束を受け取る佳さん。8人の生徒からも「ありがとうございました!」と元気なお礼の言葉をもらいました。坂の多い山道にも関わらず、たくさん参加してくださった地域のお年寄りも「とっても澄んだ歌声で非常に素晴らしかった!」「最高によかったです!」と、佳さんに握手を求めながら笑顔で話しかける姿に、本当にこの場所でコンサートが出来てよかったなぁと感じました。
来年の春には、切久保小学校に生徒はいなくなるけれど、どうかこの場所での思い出は、佳さんの歌声とともに皆さんの心に残り続けますようにと願っています(^^)
 
野村校長先生、切久保小学校の先生、生徒の皆さん。地域の皆さん。本当に暖かい、素敵な時間をありがとうございました!
 

テーマ:堀内佳 - ジャンル:音楽

愛媛PTA大会

2007年11月10日。愛媛県武道館にて午前中に「第53回愛媛PTA大会」そして午後には「教育を考える県民フォーラム」が開催されました。
 
愛媛武道館
立派な造りの建物に圧倒されながら会場内へ。
 
会場内全体2(愛媛武道館)
会場内には、すでに約1500人の来場者が集まっています。
 
会場内全体(愛媛武道館)
あまりに広い会場内では、2階席からは佳さんの表情も分かりません。ステージの真上と会場の後方に大きなスクリーンが設置されていて、そこに映し出される映像で佳さんの表情や動きを知ることが出来ました。
今日は講師として招かれた佳さん。演題は「本当の幸せを見つけて欲しくて」。来場者ひとりひとりに向けて、今一番伝えたい心からの願いを込めて届けよう。そんな強い決意が、言葉のひとつひとつから感じられました。
子供の幸せを願って日頃から実践活動をされている愛媛のPTAの皆さんに、いつもの学校で子供たちに向けて伝えるコンサートとは少し伝え方を変えて、大切な言葉を選びながらメッセージを送っていました。
「幸せ色の風景」「回想-円行寺口駅にて-」「徳弘のおじいちゃん」を歌ったところで、涙で声を詰まらせる佳さん。
「幼い頃には厳しく思えた両親の深い愛情が、大人になってから本当に有難かった。あの両親の元に生まれたことを感謝している。何度言っても言い足りないくらいです。」
難しい言葉を使ったり教育論を語らなくても、親が子供を育てること、教育って何か、佳さんのメッセージの中には大切な答えがありました。
 
 今の子供たちが悩んでいるのは、自分に自信がないこと。まずはそのままの自分を認めて、好きになってあげてほしい。そうすれば明日はまた一歩、そのままの自分をもっと好きになれるから。
そして、もうひとつ子供たちに伝えたいことがあります。それは僕の願いでもあります。

 
・・・そう言って、佳さんから何度も繰り返された”幸せ”という言葉。
今日の大きなテーマでもあり、佳さんが今一番伝えたい子供たちへの願いでもありました。「そのままの君で」「さくら」を歌い、その心からの思いを言葉に込めます。
 
今日は皆さんにお願いしに来ました。
どうか、幸せになってください。
誰かと誰かの幸せを比べるなんて出来ない。
大切なのは、幸せを感じられる心を持っているかどうか。
幸せは誰かがしてくれるものじゃなくて、自分の心で今すぐ幸せになれるんです。
今僕は、皆さんの前で歌うことが出来て、本当に幸せです。

 
最後の曲を迎え、たくさんの拍手が佳さんを包みました。
「ぜひ、うちの学校にもコンサートに来てください!」
「これからも頑張ってください。応援しています!」
声をかけてくださる方も、多くいらっしゃいました。そしてこの日のCDの売上は・・・ほぼ10人に一人が買い求めてくださいました。
反響の大きさの意味を、佳さんはきっと肌で、気で、感じて受け止めていたことと思います。愛媛にも、佳さんの歌が広がりますように♪
 
大スクリーンの中のkeiさん(愛媛)
大きなスクリーンに映し出された、佳さんの歌っている様子を撮影。こちらの方がデジカメ撮影よりよく見えます(^^;
 
花束を受け取るkeiさん(愛媛)
最後に、PTA代表の方から、花束と感謝の言葉をいただきました。
 
 
そして、昼食休憩をはさんで午後は、あまり見られないスタイルでの佳さんのステージ上のお姿です。今度は「教育を考える県民フォーラム」のパネルディスカッションの中の、パネリストの一人として登場です。テーマは「みんなで育むえひめの子供」 
佳さん以外の皆さんは、地元愛媛では各方面でご活躍の方々ばかり。皆さんからは、子供のいい面を引き出してあげよう。地域の力で子供たちを健やかに育てよう。といった素晴らしい提案が出されていました。
そして、他のパネリストの意見を一通り聞いてから、最後に発言した佳さんからは、子供たちから実際に相談を受けている切実な内容に触れ、
「形にこだわらず、子供たちが何を考え、実際に悩んでいるのか、もっと僕達大人は、子供たちと真剣に向き合わないといけない。キレイごとを言っても、形を整えても本当に子供たちが抱えているしんどさは解決できない。」
という強いメッセージがありました。
この会場にいらっしゃった愛媛の皆さんの心にどうか、佳さんの真剣な想いが届きますように。そう願っています。
 
パネディス全体の様子(愛媛)
会場の様子。
 
パネラーとコーディネーター(愛媛)
4名のパネリストとコーディネーター。
 
大スクリーンの中のkeiさん2(愛媛)
そして、こちらもスクリーンに映し出された佳さんを撮影。ステージ横から見た姿です。

コーディネーターとkeiさん(愛媛)
コーディネーターと佳さんのトークの様子。
 
こうして無事に終了した愛媛県武道館での一日を終えて、翌日のコンサート会場、徳島へと足早に向かう佳さん。本当にお疲れ様でした。
 
・・・と、ここでおまけのエピソードを(^^)
 
佳さんの乗った車が会場を出て数十メートル走ったところで、歩道から二人の女性がこちらに向かって手を振ってくれています。
それに気付き「ありがとう!ばいば~い。」と、手を振る佳さんに、そのうちの一人の女性が、なんと赤信号で停車した車まで駆け寄ってきました!
え!?どうしたの!!危ないよ~!と思っていたら、彼女が一言。
「あの!会場でCDを買いそびれたんですけど、今ありますか!?」
これも過去にない出来事でしょうか(^^;
車の窓越しにCD1枚をお買い上げ♪ありがとうございました。
無事に彼女が歩道まで戻ったのを確認して、笑顔で手を振りながら今度こそ、次の会場に向かう佳さんでした(^^)
 

テーマ:堀内佳 - ジャンル:音楽

いち早くクリスマスニュース♪

みなさぁ~ん!嬉しいお知らせです♪
毎年、年末には自分へのご褒美として・・・楽しみにしている方も多い
恒例のディナーショーが、今年も開催されます♪
毎回大好評のフルコースクリスマスディナーと共に、今年はWAROさんとkeiさんの
二人のコラボをじっくり楽しめそうですね!
皆さん、席数が限られていますのでお申込はお早めに!!(^0^)/
(なお、「にじいろ佳倶楽部」会員には、通信と一緒に近日中にチラシを発送します。)
 
今年で連続8回目の開催となるフレンドリークリスマスに
向けて、keiさんご本人からメッセージをいただきましたので
ご紹介します!

 
日頃はワタクシ堀内佳をご贔屓にしていただき真にありがとうございますヾ(^v^)kさて恒例のディナーショー「フレンドリー クリスマス」ですが、県外からの方も
含め、お陰様で毎年満席に近い盛況をいただいています。
いきなり\12,000という料金設定を見ると「高い」と思われる方もおられるかも
しれませんが、ディナーは世界的な料理のコンテストで優秀な成績を収められた
島田(しまだ)シェフによるフルコースですし、出演する私達も年に一度の
晴れ舞台だと位置付けて、ここでしか見られない(聴けない)ステージをと全力で
企画していますので、きっと満足していただけるものと思っています。
平日の夕方ということでお仕事等難しい部分も有ろうかとは思いますが、
本当に「年に一度」のことですので、どうか万障お繰り合わせの上、
ちょっと非日常な堀内佳を堪能しに来てくださいませ(^∧^)
                                        堀内 佳
 
 
 
◆堀内佳&WAROとフレンドリークリスマス◆
 
日時:2007年12月20日(木)
開場:18:30~ウェルカムドリンク~ 開宴:19:00
会場:ホテル日航旭ロイヤル 3Fゴールデンパシフィック
料金:12,000円(税込)
お問合せ・ご予約:TEL088-885-5155
※全席指定です。チケットはお早めにお求めくださいませ!
共催:㈱ユニゾン・ホテル日航旭ロイヤル
後援:高知新聞社・RKC高知放送
協賛:キリンラガービール isshu 東武ギフト Message
 
二人の奏でる音楽と楽しいトーク。
そして島田シェフが贈るクリスマススペシャルメニューで
フレンドリーな癒しのひとときをお過ごしください♪
 
<クリスマスメニュー>
オードブル
北欧クリスマスオードブル スモーガスボード
スープ
熱々パイ包みきのこのクリームスープ
鹿と野菜のショットブッラールと共に
メイン
フレンドリークリスマス2007
ノエルステーキ サンタさんの贈り物
サラダ
七面鳥のスモーク ホワイトクリスマスサラダ
デザート
星降る夜のロマンティックデザート
コーヒー スパイスクッキー パン
 
フレンドリー2007チラシ

 
<最後に昨年のフレンドリーのスペシャルメニューを少しだけ紹介♪>
 
フレンドリーmenu1
メインのステーキ。とっても柔らかくて美味しかったです。そして舞い降りた星の演出も素敵でした♪
フレンドリーmenu2
クッキーのツリーで飾られたケーキ。最後までロマンティックな気分にさせてもらえました♪
 
そして、keiさんのジャズのピアノ弾き語り初披露の貴重なステージも見られた昨年のフレンドリークリスマス(スペシャルゲストGUILD)の様子は、こちらからご覧ください(^^)
 
では、皆さん。
12月20日はぜひ、会場でkeiさんと「メリークリスマス!」の乾杯をしましょう(^^)♪

テーマ:堀内佳 - ジャンル:音楽

FC2カウンター

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

にじいろ佳倶楽部

Author:にじいろ佳倶楽部
にじいろ佳倶楽部です。
心に響く歌声の持ち主、堀内佳さんの音楽をたくさんの人のもとに届けたいと願っています。高知の、そして世界中の人々が、佳さんの歌を聴いて幸せな笑顔になれますように♪
<※当サイトの内容に関して、堀内佳さんご本人や㈱ユニゾンへの質問やご要望はご遠慮ください。>
お問合せメールフォームはこちらです

月別アーカイブ

FC2投票

質問 一番好きな堀内佳さんの曲は? (※エメラルド時代からも含む)
悲恋岬
思い出の中で生きて(※)
約束(※)
赤い海(※)
君に秋風(※)
回り舞台(※)
酔っ払い「高知版」(※)
春の嵐(※)
平田(※)
校舎
マイ・リバー
STEP UP 物部川
徳弘のおじいちゃん
輝け虹色丸
やじろべえ
笑顔であくしゅ
入魂-新極新応援歌-
そのままの君で
手紙(※)
いちばん近いあなたへ
Happy Cocktail
回想-円行寺駅にて-
2匹の犬
夢キラキラ
パティオ
ひとりぼっちの冬
おもい
無題(※)
生きててほしいから
自分・生活・美しい
さくら
しあわせ色の風景
木枯らし色の片思い(※)
春はもう来ない(※)

コメント



- アクセス解析 -

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。