そのままの君で -堀内佳応援サイト-
高知県在住のシンガーソングライター堀内佳さんを応援する公式サイトです。ご本人に了承を得ての取材や、コンサート・イベント情報などをお伝えしていきます!(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年目のスタートに・・・

 
皆さん。春は桜の季節ですね。幸せに過ごしていますか?(^^)
お陰さまで、2006年に発足した堀内佳の音楽活動を応援する「にじいろ佳倶楽部」も、3年目を迎えることが出来ました。
コンサートの広報や企画、そして佳さんの魅力をひろく伝えていく活動を続けていますが、今年は堀内佳さんのプロ活動10周年を記念しての、高知県内10箇所でのコンサートを企画することが出来て、5月からいよいよスタートとなります。
 
これも、「にじいろ佳倶楽部」の趣旨をご理解くださり、温かく見守りご協力いただいている皆さんのお陰です。本当に、心から感謝しています。
 
まだまだ行き届かない点や、要領の悪い点もあり、ご迷惑をおかけすることもあると思いますが、どうか、今後ともよろしくお願いします。
 
これからも、「にじいろ佳倶楽部」は、堀内佳さんの歌声を一人でも多くの人に届けたい。
全国へ、世界へ、ひろく届けたい。一人でも多くの人に佳さんの歌やメッセージを聴いてもらえるように、皆さんと一緒に応援して行きたいと考えています。
佳さんの歌を聴いて、生きる勇気が沸いたり、幸せな笑顔になれる人が、どうか世界中に増えますように。
 
そして、新たに「にじいろ佳倶楽部」に入会してくださる方も募集しています!
佳さんを通しての、あたたかい人のつながりの中で、楽しみながら一緒に応援していきませんか?
入会の案内はこちらです。
今年も入会・継続会員特典として、佳さんの写真入カレンダー(ポストカードサイズ×4枚)を作りました!
新規ご入会・継続手続きをいただいた方に、お送りしています。お楽しみに!!
少しだけ、画像でご紹介します(^^)
にじいろ2008カレンダー

 
スポンサーサイト

関東方面のkeiさんファンの皆様へ。

4月15日に、日比谷公会堂で開催されるコンサートの詳細が分かりましたので、お知らせします!
 
4月に東京でkeiさんが出演するコンサートがあります。
ゲストとして、山本コウタローさんと、新結成された「ほぼウィークエンド」の皆さんが出演されます。
そしてメインは、全国で活躍している視覚障害を持つミュージシャンの中から
選ばれた4名が出演します。
どの方も、障害の有無は関係なしに第一線で活躍されている方々です。
keiさんの出演時間は15分くらいだそうです。
ぜひお誘い合わせの上、keiさんに会いに来てくださいね!
 
日比谷公会堂でのコンサートポスター
※クリックすると拡大して見られます。
 
 
ライオンズクラブ記念奉仕活動
「視覚障害者の視覚障害者による視覚障害者のためのコンサート」 -緑あふれる東京の実現に向けて-
 
日時:平成20年4月15日(火)
    17時開場、18時開演、20時30分終演予定
会場:日比谷公会堂 (千代田区日比谷公園1-3)
    TEL03-5330-3330
主催:ライオンズクラブ国際協会 330-A地区(東京地区)
チケット:(全席自由)5,000円
(チケット料は、コンサート観賞を差し引いた後、福祉のために使用いたします)
 
<出演者紹介>
山本コウタロー&ぼぼウィークエンド 木下航志 増田太郎 堀内佳 板橋かずゆき 塩谷靖子
 
<プログラム紹介>
18時開演
 
18:00~18:05 司会 開会のことば キャビネット副幹事 河島 賢一
 
18:05~18:10 開催主旨説明 キャビネット幹事 大内 英男
 
18:10~18:15 主催者挨拶 ライオンズクラブ国際協会330-A地区 ガバナーL飯田 善彦
 
18:15~18:20 来賓挨拶 ライオンズクラブ国際協会330複合地区 議長 古郡 保郎
 
18:20~19:05 コンサート Ⅰ 増田 太郎 板橋 かずゆき 堀内 桂
 
19:05~19:15 ライオンズクラブタイム
 
19:15~19:45 コンサート Ⅱ 木下 航志 塩谷 靖子
 
19:45~20:15 スペシャルコンサート 山本コータローとほぼウィークエンド
 
20:15~20:20 閉会挨拶 キャビネット会計 太田 成正
 
 

お問合せ:ライオンズクラブ国際協会 330-A地区 キャビネット事務局
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-10-17 新宿ダイカンプラザB館2階
URL:http://www.lions330-a.org/
TEL:03-5330-3330 FAX:03-5330-3370

 


1987年のKeiさん。

皆さま。すっかり暖かくなり、桜前線も近づいてきていますが、お変わりありませんか!?
ただいま、10周年コンサートツアーの準備に追われており、またまたレポートのアップが滞っております。四万十かいどうのイベント、葉山小学校での6年生を送る会、どちらも感動的な場面に胸が熱くなるような素適な時間でした。早く皆さんにお届けしたいけれど・・・もう少し待っててくださいね!
 
今回の10周年ツアーは県下全域に、広くポスター&チラシでの宣伝告知を予定していますが、印刷が遅れておりまして、4月初旬には皆さんにお披露目できる予定です。楽しみにしていてくださいね!
 
ひとまず先行して「にじいろ佳倶楽部」のホームページに詳細をアップしましたのでご覧ください!
◆堀内佳プロ活動10周年記念県下10箇所コンサートツアー
世紀をまたいで揺るぎなし

 
レポートが遅れているお詫びに・・・(^^;ゞ
Keiさんご自身も当時周りから「かっこいい!」と評判だったと言っていた、貴重なレコードジャケット写真をご紹介します。
1987年に発売された「自分生活美しい」(サニーマートのCMソングでした)です。
詳細は、にじいろ佳倶楽部ホームページの「堀内佳Discography」をご覧ください。
自分生活美しい

 

テーマ:堀内佳 - ジャンル:音楽

出雲市立平田中学校でのコンサート。

2008年2月15日。平田文化館のホールにて、出雲市立平田中学校の生徒さんを対象にしたコンサートがありました。この日もまだ雪が残り、寒い朝でした。開演前にそっと、暖かい美味しいコーヒーを淹れてくださる山根さんの心遣いに、感謝する佳さん。
今回は、貴重なギターの弦の張替えシーンを。こうして全て自分で張り替えているんですね。さすがに、ギターとの付き合いもウン十年?の佳さんですね!準備は万端です。
平田中(本番前にギターの弦を張り替えるkeiさん)

 
これから約600人の生徒さんを迎えるホールです。今日はどんな笑顔が見られるのでしょう?
平田中(これから生徒さんを迎える会場の様子)

 
開演が近づき満席となったホールでは、昨日に続いて、山根さんの挨拶から始まります。
「私は堀内佳のメッセージを伝える会の代表をしております、山根と申します。」
と言うと、拍手が!昨日よりも活発な生徒さんが多いのかな?と感じさせるスタートです。
平田中(山根さんの挨拶)

 
ざわめいていた会場も、佳さんが歌い始めるとしんと静まりました。
 
そして歌い終わって「みんな、始めまして。こんにちは!」と語りかけると、
「こんにちは!」と元気な声が会場から返ってきました。
「お!元気がいいなぁ~!」と嬉しそうな佳さん。
そんな生徒さんの心のテンポに沿うように、軽快にトークを続けます。
平田中(いよいよ開演です!)

 
幼い頃からのエピソードを、深い愛で守ってくれたお母さんのこと、厳しく育てながら「障害者として生きるのではなく、一人の男として、人間として立派に生きてみろ」と、大切な生き方を身を持って教えてくれたお父さんのこと、ひとつひとつ大切に伝えていく佳さん。
そして昨年の7月にお父さんが亡くなったことから、これからしっかり生きろよと、最期まで父親として息子に大切なメッセージを伝えてくれたお父さんに、とても感謝をしたことを教えてくれました。
平田中(空の景色をバックに歌うkeiさん)

 
「回想-円行寺駅にて-」を歌って、盲学校時代のエピソードを語ると、当時のkeiさんと同世代の生徒さんたちは、興味津々で聞き入っています。
そして、卒業後に病院勤務を始めた頃の話に入り、みんなコワイ話は大丈夫?
病院のコワイ話・・・しかも病院のトイレの話をします・・・大丈夫かな??
とkeiさんが問いかけると、ざわめく生徒さんたち。
もし夜トイレに行けなかったら一緒にいってあげるからね!というkeiさんの言葉に、
会場から笑いがおこりました。
コワイけど、聞きたい!話の結末にまた大ウケの会場でした。
平田中(会場全体の様子)

 
そして「徳弘のおじいちゃん」を歌って、その出会いからのエピソードを当時の気持ちを鮮明に蘇らせながら、感情を込めて語ります。そして、一番伝えたい大切なこと。「そのままの自分を認めて好きになって欲しい」と、心を込めて生徒さんたちに伝える佳さんです。
平田中(一番大切な伝えたいことは・・・)

 
そして次の曲「そのままの君で」を歌う前に、佳さんがこう言いました。
みんな!この歌は魔法です。この歌を聴いて、自分の事を好きになれたっていう人もたくさんいるからね。自分のことを好きになれるように、みんなに魔法をかけます。
思いっきり気を込めて歌うので、聴いてくださいね。
平田中(みんなに魔法をかけます!)

 
ステージの上で熱唱する佳さんを、まっすぐに見つめる生徒さんたちの表情。
とっても素敵ですね(^^)
平田中(ステージのkeiさんと会場の生徒さんの様子)

 
そして、桜色の美しい照明をバックに、名曲「さくら」を歌う佳さん。
どうか、幸せに健やかに生きて欲しい・・・そんな強い願いを歌に込めて、伝える佳さんです。
平田中(桜色の照明をバックに歌うkeiさん)

 
みんな、幸せって今すぐになれるんですよ。
 
その人が幸せかどうかは、幸せと感じる心を持っているかどうか。
今日はいいお天気で幸せだな、美味しいものを食べて幸せだなって
みんなが生きてることだけでもすごいことなんだから、
日々の中の小さな幸せをたくさん感じて、どうか皆さんも今から幸せになって下さい!
平田中(桜の背景をバックに歌うkeiさん)

 
続いてラブソングを一曲歌いますと言って「一番近いあなたへ」を歌ってくれました。
この歌を通して佳さんが伝えたかったことは、かっこつけたり、ごまかしたりしないで、本当に伝えたい事は、そのままの素直でストレートな言葉が、一番相手の心に響くものだから、みんなも素直な言葉で大切な事は伝えるようにしてね。ということでした。
皆さんの心に、まっすぐに届いたかな?(^^)
平田中(ブルーの照明をバックに歌うkeiさん)

 
最後に佳さんから、みんなに伝えたい想いを。
みんなの拍手が、最初の方と最後の方はぜんぜん違ってきたんですよ!
たぶん、僕が伝えようとしたことが、だんだんみんなに伝わって、その気持ちを拍手にいっぱい込めてくれたんだと思うんです。本当に嬉しかったです。ありがとう!
 
「どこで生まれて、どこで育って、どんな顔していても、
人間だって、花だって、みんな大切な命だから」
そんな歌詞が入っている「輝け虹色丸」を最後に歌って、生徒の皆さんにエールを贈る佳さんです。
平田中(にじいろの背景をバックに歌うkeiさん)

 
だんだんと心がほぐれてきたけれど、控えめな生徒の皆さんに代わって、山根さんから
「みんな、もう一曲歌ってもらわない?」と提案すると、すぐに大きな拍手が!
そして、力強い手拍子の中で「自分生活美しい」を歌いきったkeiさんでした。
そして、ひとこと・・・
 
「どう言うたらいいかなぁ・・・もう、めっちゃ嬉しかったとしか言いようがないわ!!」
 
と、最後に感動のままに喜びの声を伝えた佳さん。
それに応えるように会場からはさらに大きな拍手が!
ステージ上の佳さんと生徒の皆さんの気持ちが、ひとつになった瞬間でした。
平田中(歌い終えたkeiさんと、挨拶をする山根さん)

 
最後に、生徒の代表の方からお礼の言葉と花束をいただきました。
今日はとても美しい歌を有難うございました。
堀内さんの歌や話を聴いて、とても学ぶことがあったし、笑いもあって
とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
これからも全国を回られると思いますが、お体に気をつけて
頑張ってください。今日は本当に有難うございました。

平田中(生徒さんからお礼の花束を受け取るkeiさん)

 
改めて、皆さんにありがとう!と感謝を伝えるkeiさん。
ホールから退場する佳さんを、大きな拍手が鳴り止まずに包んでいました。
平田中(花束を抱えて生徒さんに感謝を伝えるkeiさん)

 
会場の出口で、ひとりひとりに「ありがとう」の声をかけながら生徒の皆さんを見送る佳さんに、遠慮がちに握手を求める姿が印象的でした。
平田中(生徒さんと握手1)

 
どうか、この日の歌やメッセージが、ふと立ち止まったり迷った時に、皆さんの心に蘇りますように。またどこかのコンサートで、再会できる日を佳さんもきっと楽しみにしていることと思います!
平田中(生徒さんと握手2)

 
平田中学校の皆さん。生徒さんから本当に素直で明るいパワーをいただきました。ありがとうございました!
 
 
 
そして・・・おまけショット。
 
最終日の打ち上げの様子です。今回のコンサートの実現に協力してくださった方々や、以前からずっと出雲で応援してくださっている皆さんに囲まれて、穏やかな笑顔でくつろぐ佳さんの姿がありました。皆さん、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました!
出雲(打ち上げの様子)

 
翌朝、高知に帰る日の朝早く、雪の出雲大社へ参拝に行きました。
出雲(出雲大社で参拝)

 
みんなで、記念撮影!
出雲(記念撮影)

 
カメラの準備をする山根さんをパチリ。
いつでも熱い思いと深い思い遣りの心を佳さんだけでなく周りにも向けてくださり、細やかな配慮をしてくださる繊細さに、本当に、心から感謝でいっぱいです。
なんと言っても、6年前からの出雲でのコンサートは、山根さんがいなければ実現していなかったのですから、本当に大変なことだと思います。それも苦労と思わず、「佳さんのコンサートを通じて、みんなで一緒に幸せになりましょう!」と言ってくださった言葉が印象的でした。
出雲(撮影の準備をしている山根さん)

 
出雲の皆さんは本当暖かくて心の広い方ばかりで、私も取材をさせていただきながら、すっかり山根さんをはじめ出雲の皆さんのファンになって帰ってきました。また近いうちに佳さんのコンサートを通じてお会いできますように!(^^)


テーマ:堀内佳 - ジャンル:音楽

出雲市立第一中学校でのコンサート。

2008年2月14日。出雲市立第一中学校にて、佳さんのコンサートがありました。
6年前から変わらず熱い想いで、堀内佳の歌声を出雲でもたくさんの人に聴かせたいと毎年のようにコンサートを開催してくださっている山根浩さん、そして今回の2つの学校でのコンサートを実現につなげてくださった増田健吉さん、そのお仲間の皆さんの協力で、今年も佳さんは出雲の地を訪れることができました。(佳さんのつぶやき日記2月13日~16日に詳細が語られていますので、ぜひご覧ください)
 
佳さんご一行が乗った便とは少し遅れて、前日のうちに出雲にたどり着くべく、特急やくもに乗り込みました。出雲市駅にたどり着く手前は、吹雪に包まれた銀世界。思わず車窓からの景色を撮影しました。
特急やくもからの風景

 
一夜明けても、積雪は少ないものの寒さは厳しい出雲市内。14日のコンサート会場である第一中学校では、佳さんがリハーサルを始める頃には体育館にストーブをいくつか設置してくださっていました。第一中の生徒さんとの出会いを楽しみにしながら、入念なリハーサルを終えて、開演の時を待ちます。
第一中(リハーサル風景)

 
いよいよ生徒さんが会場に集まり、山根さんの挨拶がはじまりました。
「堀内佳さんは、とっても素適な熱いハートを持った人です。・・・みんなを本当に仲間と思ってメッセージを伝えてくれると思いますので、楽しみにしていてください!」
しっかりと佳さんのステージの魅力を伝えてくださる言葉には、佳さんと山根さんの長年の信頼関係が感じられました。
第一中(山根さんの挨拶)

  
1曲目に、静かに戦争の爪あとが今も残されてる沖縄を舞台にした歌を歌い始める佳さん。
体育館に集まった1,2年生の生徒さんたちは、静かに聴き入っています。
第一中(ステージのkeiさんと会場の生徒さんの様子)

 
始めは堅く緊張している雰囲気だった生徒さんたちも、佳さんが冗談を交えながら楽しく語っていくと、戸惑いながらも素直な笑い声がちらほら聞こえてきます。幼い頃からのエピソードの中に、みんなに伝えたいメッセージを織り交ぜながら、心の距離を縮めていきます。
第一中(自己紹介をするkeiさん)

 
5曲目に「徳弘のおじいちゃん」を歌い終えた佳さんが、その出会いからたくさんの大切なことを教わったと伝えてくれました。そしてその中で、自分が一番大事にしていて、みんなに一番伝えたいことは、今のそのままの自分を認めて好きになって欲しい、ということでした。
自信がないところも、自分の嫌な部分も、悩んでることも、そんなことどうでもいいから、そのままの自分が大好きだって、自分に言ってあげてね。
シンプルな言葉の中に強く想いを込めて、大切に伝える佳さんをまっすぐに見つめる生徒さんたち。
この日は、受験が近いということでこのコンサートには参加していなかった3年生に向けて・・・
 
「3年生にも伝えたかったな・・・。3年生、聞こえるか~!自分のこと認めてあげてよ!好きになってあげてよ!大変だと思うけど頑張れ!!」
 
きっと教室で頑張って勉強しているであろう3年生に向けて、想いを飛ばしながらエールを送る佳さんでした。
第一中(ステージのkeiさん1)

 
7曲目に歌った「二匹の犬」では、命が大切ですってよく言われるけど、命がどうして大切なのか?・・・その意味を忘れていた自分に、その犬達との出会いが改めて教えてくれたこと。いろんな命を犠牲にして生かしてもらっているということや、その命たちへの感謝の気持ちを忘れずにいることの大切さを伝えてくれました。
第一中(ステージのkeiさん2)

 
続いて「さくら」を歌う佳さん。ある時、詩とメロディが同時に降りてきて、その歌を覚えるために何度も歌っているうちにボロボロ涙がこぼれてきた。それは、さくらのご両親の想いだけでなく、世界中の子供を持つお父さんお母さん全ての想いだと感じられた時、その想いが僕に涙を流させたのだと悟ったそうです。
そして、生徒の皆さんに強く、強く、伝えます。
みんなのお父さんお母さんも、みんなのことこんな風に思ってるからね。
絶対間違いないから。信じてね。これは僕の願いでもあります。
 
「みんなどうか忘れないで。これから本当に大変な時代でしんどいこともたくさんあると思うけど、ぜったい幸せに健やかに生きてよ。」
 
優しく想いを込めて、語りかける佳さんでした。
第一中(ステージのkeiさん3)

 
最後に佳さんから、2時間のコンサートを聴いてくれた生徒さんにメッセージを伝えます。
みんなは先生に静かに聴く様にと言われて、授業の延長線上で、
堅くなってたところもあったと思うけど・・・でも心配しなくていいよ。
みんなが思いっきり集中してくれている時、じっと歌に聴き入ってくれてる時の、
伝わってくるパワー、波動はものすごいものを感じたよ。
だから改めてお礼を言わせてください。
みんなのお陰で、すごく幸せにしてもらえて、本当に嬉しかった!ありがとう!
 
「もう堅くならなくていいよ。コンサートだからね。」
と微笑んで、最後に「輝け虹色丸」をみんなの手拍子に包まれながら元気に歌ってコンサートは終了しました。
第一中(会場全体の様子)

 
最後に生徒の代表の方からお礼の言葉と花束をいただいた佳さん。
「今日は、来ていただいて僕が思ったのは、
生きることの大切さと生きることの中で面白いこともたくさんあるということです。
そして、この先いろんなことがあるかもしれないけど、
今日素適な歌を聴かせていただいて自分に自信を持つことが出来ました。
今日は本当にありがとうございました。」

第一中(生徒さんからのお礼の言葉)

 
山根さんに「あんちゃん、最後に何か言うことある?」
と聞かれた佳さんは、大きな声でひとこと。
 
「オレは幸せやなぁ~!!」 
 
この日一番の笑顔で、生徒さんの気持ちに応える佳さんでした。
第一中(花束を抱えて笑顔のkeiさん)

 
帰りに佳さんに握手を求める生徒さんたちの明るい表情に、とても嬉しそうな佳さん。
第一中(生徒さんと握手1)

 
きっと、生徒さんたちの心にしっかりと響いたことと思います。
第一中(生徒さんと握手2)

 
第一中学校の皆さん。寒い中、心温まる素敵な時間をありがとうございました!
 

テーマ:堀内佳 - ジャンル:音楽

FC2カウンター

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

にじいろ佳倶楽部

Author:にじいろ佳倶楽部
にじいろ佳倶楽部です。
心に響く歌声の持ち主、堀内佳さんの音楽をたくさんの人のもとに届けたいと願っています。高知の、そして世界中の人々が、佳さんの歌を聴いて幸せな笑顔になれますように♪
<※当サイトの内容に関して、堀内佳さんご本人や㈱ユニゾンへの質問やご要望はご遠慮ください。>
お問合せメールフォームはこちらです

月別アーカイブ

FC2投票

質問 一番好きな堀内佳さんの曲は? (※エメラルド時代からも含む)
悲恋岬
思い出の中で生きて(※)
約束(※)
赤い海(※)
君に秋風(※)
回り舞台(※)
酔っ払い「高知版」(※)
春の嵐(※)
平田(※)
校舎
マイ・リバー
STEP UP 物部川
徳弘のおじいちゃん
輝け虹色丸
やじろべえ
笑顔であくしゅ
入魂-新極新応援歌-
そのままの君で
手紙(※)
いちばん近いあなたへ
Happy Cocktail
回想-円行寺駅にて-
2匹の犬
夢キラキラ
パティオ
ひとりぼっちの冬
おもい
無題(※)
生きててほしいから
自分・生活・美しい
さくら
しあわせ色の風景
木枯らし色の片思い(※)
春はもう来ない(※)

コメント



- アクセス解析 -

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。