そのままの君で -堀内佳応援サイト-
高知県在住のシンガーソングライター堀内佳さんを応援する公式サイトです。ご本人に了承を得ての取材や、コンサート・イベント情報などをお伝えしていきます!(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「一喜会」講演でのコンサート

2008年3月20日。高知市文化プラザかるぽーとにて、高知がん患者会「一喜会」の5周年記念講演が開催されました。その中で「心に響く音楽と共に」と題して、佳さんのコンサートが開かれました。
  
一喜会(講演の様子)
第一部では、がん体験者や家族の記念講演があり、たくさんの方が興味深く耳を傾けていました。がん患者とその家族が少しでも心と身体を癒すことができ、病気や治療法についての情報交換、情報発信が出来る機会として、このイベントを役立てたいという、関係者の皆さんの熱意が伝わってくるようでした。
 
そして、第二部のスタートは佳さんのコンサートから始まりました。
 
一喜会(keiさんのステージ)
無言のまま「やじろべえ」を歌い始める佳さん。会場の皆さんも静かに聴き入っています。
歌い終えて佳さんが語り始めます。
「みんなで助け合いながら生きていこう、そして医療の質が高まっていくことにも貢献していこうという皆さんの前向きな取り組みに非常に共感を持ちまして、今回、参加させていただきました。
 
実は僕も、お母さんのお腹の中にいる時に、目にがんが出来てしまったんです・・・。」
 
自身の経験を語りながら、それでも両親が身を持って教えてくれたいろんな教えが今の自分の幸せのもとになっていると、伝えてくれた佳さんでした。
 
一喜会(やじろべえを歌うkeiさん)
そして、言語に障害を持った女性が書いたある詩の中の言葉に、ショックを受けた時のことを語ります。その女性の夢は、大きな声でみんなと一緒に笑うこと。でもそれは、障害者だからではなく、”人の子だから 女だから 母だから”こその願いだったのです。
その言葉に触れた時、佳さんはお父さんに言われた「障害者として生きるな」という言葉の意味を改めて理解して、自分も一人の男としてかっこよく輝いて生きようと思わせてくれたと話してくれました。
そして、その詩に佳さんが曲をつけた歌「あふれる光の中で」を歌います。
 
一喜会(ステージ全体)
第一部での講演の内容に触れ、「知ることの大切さ」について話す佳さん。世の中にたくさん溢れている情報を精査しながら、本当に自分に必要なものを知るために努力することの大切さ。そして、佳さんが生まれた頃、田舎で視覚障害を持つ子供を育てるための情報などない中、一生懸命育ててくれた両親への感謝を改めて語ってくれました。
 
一喜会(青い照明をバックに歌うkeiさん)
そして、佳さん自身が大切にしていること、そして全国の子供たちにいつも伝えていること。今の自分を認めて、好きになってあげてほしい。今、生きてるだけでも素適なことなんだよと、そんなメッセージを会場の皆さんにも送ります。

この歌は魔法なんですよ。
この歌を聴いた子供たちから「自分の事を好きになれた気がする」と、たくさんの感想をもらいます。
今、がんと闘っている人や、ご家族もいらっしゃると思いますが、そのままの自分、一生懸命頑張っている自分をぜひ認めて好きになってあげてください。
そして「そのままの君で」を歌います。
一喜会(最後にメッセージを送るkeiさん)

 
最後に、会場の皆さんに向けて佳さんが伝えます。
最後に歌う歌は、こんな時代だから、本当にしんどい荷物をたくさん抱えている子供たちに、健やかに幸せに生きて欲しい。この歌はお父さん、お母さんからの、そして僕からのお願いだと、いつもそんな想いを込めて伝えているんですよと語る佳さん。
今、がんと闘っている患者さん、そしてご家族の皆さんにも贈ります。
そしてまたこれから先は、がんの知識を持つ事は、いつがんを患うか分からない僕達にとっても大切なことだと、このイベントが大切な意義を持つことを、改めて感じている佳さんでした。
 
来年の桜も、再来年の桜も。10年後の桜も、みんなで一緒に見られるように・・・そんな願いを込めて歌わせてもらいます。 
 
心を込めて「さくら」を歌って、この日の佳さんのコンサートは終了しました。
 
会場をあとにするお客さんからは、いろんな感想をいただきました。
「生きる勇気をもらいました。」
「もう少し頑張れそうです。」
「涙がとまりませんでした。また歌を聴きたいです。」
 
佳さんのメッセージは、しっかり皆さんの心に届いたようです(^^)
健やかに、幸せに生きて・・・またどこかのコンサートの場で皆さんに再会できることを願っています。
 



スポンサーサイト

テーマ:堀内佳 - ジャンル:音楽

葉山小学校6年生を送る会にて。

2008年3月4日。葉山小学校にて6年生を送る会が開かれました。毎年、佳さんを呼んでくださっていて、この時期恒例の行事となっています。子供たちと近い距離で触れ合える時間を、今年も楽しみにしている佳さんです。
 
もうすぐ小学校を卒業していく6年生に、一生懸命練習した出し物を披露してエールを送る在校生。とても楽しそうで、日頃から学年に関係なく仲の良さそうな様子が伝わってきます。
葉山小送る会(手品)
一発勝負の手品です。うまく出来たかな!?
 
葉山小送る会(リコーダーと歌)
歌とリコーダー演奏。お芝居も見せてくれました。素直な表現に自然に笑顔になります。
 
葉山小送る会(老人クラブ)
地元の老人クラブの皆さんが童謡を歌ってくれました。
 
葉山小送る会(親御さん)
子供たちのお母さんたちも張り切って歌います。お父さん、お母さんの子供の頃の映像を流しながら「誰のお母さんでしょう?」と子供たちにクイズを出すアイディアは楽しかったです。
 
そして、佳さんのコンサートが始まりました。
 
葉山小送る会(keiさん・会場全体)
ご家族や地域の方々も集まってくれました。佳さんも子供たちや先生方との再会を喜んでいるようでした。ずっと子供たちや皆さんの催し物も見学していた佳さん。ひとつひとつ感想を伝えていました。
 
葉山小送る会(歌うkeiさん)
これから小学校を卒業していく6年生に、この場所を忘れないで、この節目に一緒に過ごせた時間を忘れないで、これからも幸せに生きてね。と、想いを込めながら「さくら」を歌います。
 
葉山小送る会(keiさんと子供たち)
佳さんの歌に聴き入っている子供たちの表情は、とても純粋で輝いて見えました。
 
葉山小送る会(keiさん全身)
みんなの命は同じように大切。みんなが生きてるだけでもとっても素晴らしいこと、幸せなことなんだよ。そんな想いを込めて「二匹の犬」を歌います。
佳さんが「これは僕のある日の日記です。みんな、よかったら目を閉じて情景を想像して聴いてみてね。」と話すと、ぎゅっと目を閉じたり、うつむいて目を覆ったりして、素直にその通りにして聴いている様子がかわいかったです。
 
葉山小送る会(keiさんと虹色丸を歌う子供たち)
そして、生徒の皆さんが佳さんと一緒に歌いたくて練習してくれたという「輝け虹色丸」を大合唱!みんなの歌声から、佳さんも元気をもらっているようでしたよ。
佳さんが歌い終えようとしたら・・・アンコールの手拍子が!
卒業をひかえた6年生にちなんで、「卒業写真」をうたってくれた佳さんでした。
そして拍手の中、佳さんのコンサートは終了しました。
 

葉山小送る会(花束贈呈)
生徒の代表から花束を受け取る佳さんです。
 
葉山小送る会(くす玉を割ってお祝い)
6年生の卒業を祝って、くす玉を割っている先生と生徒たち。
 
葉山小送る会(花のアーチ)
最後は、みんなの手と花飾りでつくったアーチをくぐりぬけて、6年生は退場しました。
その様子を最後まで、暖かく見守っている佳さんでした。
 
葉山小学校の6年生の皆さん。卒業、おめでとうございました。
またどこかで、佳さんと再会できるといいですね!
 

テーマ:堀内佳 - ジャンル:音楽

四万十かいどうイベントでのミニライブ

2008年2月24日。四万十市にある新ロイヤルホテル四万十にて「四万十かいどう」のPRイベントが行われました。その中で、佳さんからの応援メッセージとミニライブが開かれました。
このイベントへの佳さんの思いはつぶやき日記(2008/2/22)に書かれていますので、そちらをご覧ください。
 
イベント会場には地元の方を中心とした、たくさんのお客さんが集まっていました。
第一部では、四万十かいどうについての説明や講演があり、佳さんのミニライブは、第二部の幕開けとともに始まりました。
四万十かいどう(会場全体)

 
ライブが始まって佳さんがひとこと。
「いやぁ~、ふるさとに帰って来たって感じがしますね~!(^^)」
中村市(現在は四万十市)栄町で生まれたkeiさん。
地元を愛する気持ちを込めて、メッセージを伝えます。
「今回は四万十川を愛する、高知県西部を愛する皆さんが立ち上がったということで、僕も皆さんと同じ想いを持っているので、ぜひ参加させていただきたいという思いでやって参りました。」
 
物部川、鏡川など、自然の風景や川の歌をいくつも歌っている佳さん。
四万十川の歌がなかなか作れない理由を語ります。
今はずいぶん変わってしまったけれど、佳さんが幼い頃からずっと遊んでいた思い出深い四万十川は、川の中にいると小魚が足をつんつん突っついてきたり、独特の川のにおいを感じられたのだそうです。
そんな昔から愛した四万十川のイメージが強すぎて、「日本最後の清流」「きれいな川」とあまりにも言われすぎているイメージどおりに歌をつくれずにいた、という佳さん。
 
そして会場の皆さんに呼びかけます。
「でもこれからは、皆さんと一緒に自分達が甘えて汚してきた、風景を変えてきた四万十川に、恩返しの気持ちや、ごめんなさいっていう気持ちを込めながら、少しでも昔の川の風景を取り戻せるように頑張っていきたいと思っています。」
 
四万十かいどう(歌うkeiさん)

そして仁淀川の上流にある仁淀川町星ヶ窪を舞台にした歌「夢キラキラ」を歌います。
 
四万十かいどう(ステージ全体)

次の世代の子供たちに伝えていかなければいけないものは、物質的なものばかりじゃなくて、本当は川を愛する、自然を大切にする心だと、強く語る佳さんが次に歌ったのは「さくら」でした。
「どうか、皆さんの子供たちを心の中でそっと抱きしめながら聴いてください。」
将来の子供たち、こんな時代だからこそ幸せに生きて欲しい、そんな想いを込めて歌う佳さんです。
 
四万十かいどう(二匹の犬を熱唱)

そして、自分達がいろんな命をもらって、その犠牲の上に生かしてもらっていることを忘れてはいけない。だからこそ自分の命も大切なんだよと、いつも学校でのコンサートで子供たちに伝えているメッセージについて話します。
佳さんも当時忘れかけていた「どうして命が大事なの?」ということに改めて気付かされた出来事から生まれた歌「二匹の犬」を歌い上げる佳さん。
四万十川で触れたいろんな命に想いを馳せているようでした。
 
実は今から何年か前に、四万十川の歌を作ったことがあるという佳さん。
でも、どうしても「昔とは違う」という言葉が出てきてしまう。
その歌を人前で歌っていると、自分の大事な友達や家族を悪く言うような、なんともいえない嫌な気持ちになって歌えなくなった。自分の四万十川に対する思いはこんなもんじゃない。もっと大切なものなんだと、すごく感じたというkeiさん。
会場には、佳さんのふるさとを想う気持ちに胸を打たれて目頭を押さえる姿も見られました。
 
これから先、大好きな四万十川、大好きな高知県西部地域を盛り上げていけるように、皆さんと一緒になってなにかいいものをつくりあげていけたらと思っています。
 
力強くメッセージを送って、佳さんのミニライブは終了しました。
いつか、四万十川へのいっぱいの愛を込めた佳さんの歌が聴ける日を楽しみにしています(^^)
 
佳さんのミニライブのあとは、「命に恋して」と題してムツゴロウさんこと、畑正憲さんの講演がありました。ピラニアと一緒に泳ぎたいとチャレンジしたり、アナコンダに首を絞めてもらったり、動物達の命に寄り添うように(飛び込むように?)世界中を駆け巡って生きているムツゴロウさんの話には圧倒されました。会場には、時には笑いながら、時には大きくうなづきながら興味深そうに聞いている佳さんの姿がありました。
 
そして、皆さんお待ちかねのもち投げの始まりです!
 
四万十かいどう(keiさんとムツゴロウさん)
もち投げのスタンバイをしてステージに並んでいる佳さんとムツゴロウさん。
 
四万十かいどう(もち投げ2)
盛り上がる会場のお客さん。佳さんもピッチャーの腕を生かして(?)張り切っています。途中、ムツゴロウさんの投げたお餅が佳さんの後頭部にあたるハプニングも(笑)最後は楽しく盛り上がって終了しました。
佳さん、そして関係者の皆さま。お疲れさまでした。
 

テーマ:堀内佳 - ジャンル:音楽

10周年の1会場目が終了しました!

お陰さまで10周年ツアーの1会場目、木の根ふれあいの森のでコンサートが盛況のうちに終了しました。なるべく早くレポートをアップしたいと思っていますので、待っててくださいね!
木の根ふれあいの森のHP掲示板に、当日参加してくださった方からのたくさんの感想、メッセージが寄せられていますので、ぜひご覧ください。少しでもその場の状況を感じていただけると思います。
木の根ふれあいの森HP
 
それから、少し時間が空いてしまいましたが、主催者に掲載の了承をいただきましたので、4月15日に日比谷公会堂で開催されたコンサートのレポートをアップしました。keiさんの堂々としたステージをご覧ください♪
今回は、大きな画像でたくさん見ていただこうとHPの方にアップしています。携帯からは見えにくいかもしれません。ごめんなさい(>_<)
4月15日ライオンズ国際協会主催のコンサートレポート!
 
10周年ツアー以外のコンサートも通常通りこなしているkeiさん。
今年は学校関係、イベント、コンサートツアーと、いろんなkeiさんをお伝えできそうですよ!これからも応援をよろしくお願いします!(^^)
 

FC2カウンター

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

にじいろ佳倶楽部

Author:にじいろ佳倶楽部
にじいろ佳倶楽部です。
心に響く歌声の持ち主、堀内佳さんの音楽をたくさんの人のもとに届けたいと願っています。高知の、そして世界中の人々が、佳さんの歌を聴いて幸せな笑顔になれますように♪
<※当サイトの内容に関して、堀内佳さんご本人や㈱ユニゾンへの質問やご要望はご遠慮ください。>
お問合せメールフォームはこちらです

月別アーカイブ

FC2投票

質問 一番好きな堀内佳さんの曲は? (※エメラルド時代からも含む)
悲恋岬
思い出の中で生きて(※)
約束(※)
赤い海(※)
君に秋風(※)
回り舞台(※)
酔っ払い「高知版」(※)
春の嵐(※)
平田(※)
校舎
マイ・リバー
STEP UP 物部川
徳弘のおじいちゃん
輝け虹色丸
やじろべえ
笑顔であくしゅ
入魂-新極新応援歌-
そのままの君で
手紙(※)
いちばん近いあなたへ
Happy Cocktail
回想-円行寺駅にて-
2匹の犬
夢キラキラ
パティオ
ひとりぼっちの冬
おもい
無題(※)
生きててほしいから
自分・生活・美しい
さくら
しあわせ色の風景
木枯らし色の片思い(※)
春はもう来ない(※)

コメント



- アクセス解析 -

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。